2008年05月05日

短答式全答練終了

受験した皆様、お疲れ様でした。

まずはレビューからいきましょう。

◎試験監督
なんか、スチュワーデスみたいな色彩のリクルートスーツで登場。
最初びっくりした。

◎企業法(11/15 72点)
うーん。二択で悩んだのがおおかった。
特にツライのは、「あ〜これ簡単なのにぃ…」と思いつつも
いまいち切れなかった肢が5個ぐらいあったこと。
もうちょっとがんばらなければ。。。

◎管理会計論(9/15 61点)
計算がわりとやりやすかった。
一問、標準原価計算の仕損のやつでパニクったのが残念。
理論がズタボロ。
いい加減、勉強します。

◎監査論(9/15 59点)
一番の得意科目のはずが、最近めっぽう出来なくなってきました。
どうしたらよいのやら。。。
とりあえず、テキストを読むことから始めますか。。。
本当に参ったなぁ…。

◎財務会計論(23/30 151点)
笑えます。
本当に笑えます。
一番苦手な財務会計論が一番成績良いんですから。
帳簿組織の問題を計算として分解すると
計算(10/16)
理論(13/14)
理論1ミス!奇跡ですね。
計算も僕の中での理想的な点数です。
本試験でこんだけできたら涙流して喜びます。
ま、簿記は戦いを挑むところを間違えなかったのが勝因でしょうか。
財表は結構やりやすかったのは事実ですが、
実力とともに神風が吹いたとしか思えません。
本試験では3ミスぐらいは起こりうるので
この点数は当てにならないですね。。。




トータルで行くと
52/75 343点でした。
本試験なら安心して論文の勉強に入れるといったところでしょうか。

こういう事態に陥ると慢心しちゃうのが僕なので
気を引き締めようと思います。

とりあえずこれから短答式本試験までの方策としては

簿記:ひたすら総合答練と直前答練をまわす。
財表:連結・持分・企業結合・事業分離のインプット
   既存の知識の定着練習。
管理:理論中心に。
監査:テキスト読み直し。委員会報告書もあわせて読む。
企業:ひたすら知識に不安のあるところをインプットし直し。

こんなところでしょうか。

がんばりましょう。


次の更新は今週末です。
それではみなさんごきげんよぉー
posted by NRK at 00:39| ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | exam | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。